Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

ISIL — クルド人勢力によるIS掃討作戦とその矛盾

https://newspicks.com/news/1876903/body/

時事通信社によるレポートでは、「米軍の支援を受けてシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)と戦うクルド人勢力主体の「シリア民主軍(SDF)」は6日、ISが「首都」と位置付ける北部ラッカへの攻撃を開始したと発表した。AFP通信が伝えた。ラッカはISが2014年に制圧。11年のシリア危機勃発前は、約24万人が住んでいたという。SDFは今年8月、シリアの対トルコ国境とラッカの間に位置する要衝マンビジュを制圧し、ラッカ解放に向けた軍事作戦の準備を行ってきた。SDFの報道担当者は6日、「ユーフラテスの怒り」と名付けた今回の作戦について、米軍主導の有志連合との連携の上、5日夜に着手したと述べた。戦闘員約3万人が参加する予定で「まずラッカ周辺の地域を解放してラッカを隔離し、次にラッカを制圧する」作戦だと主張している。 【時事通信社】」と書かれている。

これを読んで、各メディアでは、恐らくISが掃討されることは素晴らしい!といった論調が日本でも流れるのだと思いますが、本当にそうでしょうか?クルド勢力によるISへの作戦が、米軍と連携して行われていることで、また新たな火種を生むだけだろうと思います。

クルド人勢力自身、まず、ISに対抗するにあたりもっとも重要なアクターとなるトルコにとっては、その存在はタブーですから、背中から撃たれることにもなりかねないでしょう。実際にエルドアン大統領もそう言っています。
また、米軍が中途半端に介入していることも、今後の火種です。彼らはISを掃討しても、そのあとの地域の再興には寄与しないし、できないからです。おそらく、ISが仮に掃討されても、トルコによるクルド撲滅作戦は止まらないでしょうし、イラク・シリアに生まれる空白は、別の勢力たちがまた血で血を洗う争いを繰り広げるスペースになるだけでしょう。
この問題は、なかなか長引くことになるでしょう。心配です。

by

島田 久仁彦 (しまだ くにひこ)

1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター。株式会社KS International Strategies CEO。経済産業省参事。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles