Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

驚愕の“真実”—中東で何が実際に起こっているのか

複数の友人や仲間から勧められ、ロレッタ・ナポリオーニ著『人質の経済学』(Loretta Napoleoni “Merchants of Men”)を読んでみた。全体を通しての率直な感想は、「ここまで書いてもいいのだろうか」という驚きだ。私自身が中東のプロセス、特に紛争調停プロセスに携わる中で、見聞きしている状況が見事に紹介され、纏められている。その一つ一つをここで私が紹介することはできないので、詳しくは彼女の著書を読んで知っていただきたいが、決してメディアが報じず、また政府も認めない現実が詰め込まれている。

 

年齢は違うが、私と同じジョンスホプキンス大学国際学高等研究所(The Johns Hopkins University Paul Nitze School of Advanced International Studies: SAIS)の卒業生ということもあり、Lorettaとは個人的にも親交はあり、仕事でも何度もご一緒しているので、思わず読後、メールしたほどの内容が詰まっていた。ちなみに、彼女はマネーロンダリング、特にテロリスト組織がいかにして資金を集め、それを浄化し、利益を得ているのかを解明する専門家で、今回もその専門性を活かした内容になっている。

 

特筆すべきは、「誤った安心」を各国政府が自国民に与えており、そこに付け込まれて中東において人質となってしまう仕組みや、「国際協力」への幻想を元に、ろくな経験もなく、ゆえに経験から得られる勘も養えず、さらには自分の身を護るための“常識”も持ち合わせていない夢見る若者や人々が、いかに格好の餌食になっていくのか、そして国際政治に翻弄され、「生きた“商品”」化していくのかが、実際に人質となり、幸運にも生きて戻れた人たちの生の声をインタビューを通じて紹介し、「誤った安心」を植え付けられている私たちに警鐘を鳴らしている内容だ。

 

そして本書は、最後にBrexitによる影響や、難民をめぐる破滅的なシナリオがどのようにして欧州に訪れるのかという見解を示して本書を締めくくっている。日本や北朝鮮情勢についての言及はないが、いろいろと得られる教訓が多いのではないだろうか。

 

関連する実務に携わる者として、このような実情を伝えてくれたことへの敬意を感じると同時に、「一体、世界でどのようなことが起こっていて、どのような危機的な状況が自分にも起きうるか」と関心を持ってみているか、「誤った安心感」に惑わされている皆さんにぜひ読んでいただきたい内容だ。「本当かな?」と信じたくないような内容にも思えるだろうが、確実にショッキングな“真実”を伝える内容だと思う。

by

島田 久仁彦 (しまだ くにひこ)

1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター。株式会社KS International Strategies CEO。経済産業省参事。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles