Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

フランスはどこに向かうのか?--フランス大統領選挙の行方と混乱の世界情勢

いよいよフランス大統領選挙が今週末に迫ってきました。4月23日の第1回目の投票で「過半数」を得る候補がでることはないと思いますが、直前のデータを見て大変懸念しています。最新の統計を見れば、平均して、中道派のマクロン候補が60%、Front Nationale (FN)のマリーヌ・ルペン候補が40%の支持率となっていますが、これがここ1-2日でどう変化するか、予断を許さない状況だと考えます。。

まず、今朝起こったシャンゼリゼ通りでの警官狙撃事件。2名の警官が撃たれました。これが”現状”への不満のシンボルとして捉えられ、そして「それを帰れるのはLe Penのみ」というように雪崩れないかということ。特にパリではAnti-Le Penがまだまだ優勢ですが、HLMなどの社会のひずみも抱え、今朝の事件で「反移民」への動きがパリでも加勢するかもしれません。そうなれば、一気に支持率が動きます。

 

二つ目に、ロシアの影響が心配です。3月にルペン候補がプーチンロシア大統領と会っていますが、現在、ワシントンDCを騒がしているロシアによるサイバー攻撃がフランス大統領選挙でも行われ、優勢とされているマクロン候補が”落選”するというシナリオです。ロシアとしては、親EUで、ロシア強硬派のマクロンは、関わりたくない相手でしょうから。

 

あとは23日の投票でだれがトップ2になるのか(5月の決選投票への進出候補は誰か)ということでしょうね。もしマクロン23日でトップ2に入れない、という状況であった場合、Front Nationale(FN)のフランスが現実味を帯びます。そうなった場合、日本経済にどのような影響が及ぶのか。予想がつきません。(まあ、この点については、マクロン候補も親日ではないので、あまりどちらがなっても変わらないという見方もありますが)

それと現在、起こっているとされる、Nationalisticな政党=反移民=反気候変動。。。という流れでしょうか。。。パリ協定の全面否定(トランプ大統領と同じ?)もあり得ますが、歴史的なパリ協定を纏め上げた功績も吹っ飛びますので、アメリカの”離脱”よりもインパクトが大きいかもしれません。

そして、ルペンのフランスは、EUの終焉も意味することになりそうです。さすがに独仏戦争はないと思いますが。。。。

 

来週を平穏に迎えられることを祈ります。。。

by

島田 久仁彦 (しまだ くにひこ)

1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター。株式会社KS International Strategies CEO。経済産業省参事。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles