Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

Hope or Despair? : クルド人の夢と、彼らを取り巻く世界の現実

クルド“独立”は希望への第一歩となるのか?

 

2017年9月27日

 

今朝飛び込んできたニュース(https://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/030/070000c)では、9割を超す大多数のクルド人(注:イラク国内に在住する)が、「クルド人自治区(イラク北部)の独立」を支持するとの投票結果が出たとのこと。これが”空騒ぎ”にならないことを切に願う。

 

クルド人は、周辺国に散らばる「国家を持たない最大の民族」と言われるが、その長年の悲願が、投票上の数値では、叶えられることになる。

 

しかし、IS掃討作戦中のイラク国内での独立騒ぎは、ISを利するだけになりかねないし、クウエートやカタールもすでに対抗措置に出ている。トルコについては、長年の抗争もあって、すでにエルドアン大統領が「パイプラインの栓を閉じる」との実現性の高い脅しをかけている。非常にステークの高い賭けだ。

 

そして、さらに疑問なのは、この“住民投票”の有効性だろう。

Brexitの時の様に(後日、キャメロン前首相にとっては愚かな賭けだったことが明らかになったが)、政府が実施する国民投票であれば、その結果を受け入れる必要が出てくるが、今回の“住民投票”はあくまでも「クルド人のみ」を対象としており、イラク人を含む“イラク全土”での国民投票ではないからだ。その証拠に、すでにイラク政府は、この結果の正当性に疑問を呈し、受け入れない動きを取っている。

 

そして、また疑問なのは、「なぜ、あえて今なのか」ということ。

 

同じディアスポラとしての歴史を持つユダヤ人”国家”イスラエルは歓迎・支持の意向だが、一般的には、やはりこの情勢不安定な際に、新たな紛争の種となりかねないという懸念が大多数だろう。

 

イラクやシリアにおけるIS掃討作戦で勢いがついたので、その勢いを駆って“今”となったのだろうか。。。そして、IS掃討作戦で大活躍をしたのだから、そのご褒美に国家を!ということなのだろうか。

 

長年の念願である独立への第一歩は歓迎したいが、これが、これまで詰まっていた栓を抜き、新たな悲劇の第一歩とならないことを心より祈りたい。ただでさえ、今、国際情勢は混沌としており、中東・北アフリカ地域は、すでに対応しきれないほどの悲劇を抱えているのだから。

by

島田 久仁彦 (しまだ くにひこ)

1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター。株式会社KS International Strategies CEO。経済産業省参事。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles