Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

イラン情勢が導く新しい世界秩序とそのImplications

米国がイラン核合意からの一方的な離脱を宣言してから、混乱を増すイラン情勢。

核合意の恩恵を受けていた米国企業やヨーロッパ諸国(政府・企業とも)、そして、「遅れ」を取り戻そうと努力してきた日本企業にもショックを与えました。最近になり、「イランに対する制裁の強化」や「イラン産原油の禁輸措置」の呼びかけなどがトランプ大統領から出され、ヨーロッパ諸国は、対応に苦慮しています。そして、もちろん、日本も。

そして、安全保障面では、米・イランがともに”戦争の可能性”に言及するなど、中東地域をめぐる事態は混迷を極めています。

イランをめぐる様々な情勢が、中東地域、そして世界にどのような影響を与えるのか。目が離せないところです。

「相手の心を溶かし、信頼を得る」ための交渉・コミュニケーション術、そして、イラン情勢について、本日発行のメルマガで詳しく説明しています。宜しければ、ご登録いただき、お読みいただければ嬉しいです。

https://www.mag2.com/m/0001682898.html

by
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。株式会社KS International Strategies CEO。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です