Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【最強の交渉術】一貫性のわな

交渉や商談の場で、相手からの挑発や煽てに乗ってしまって、思わず気前のいいことを言ってしまったという経験はないでしょうか。私は何度もあります。

そのような時、発言した後に我に返り、「あ、しまった。調子に乗って言い過ぎた」と反省しても後の祭り。発言内容はコミットメントとして受け取られ、その発言内容に責任を課せられることが大いにあります。

その原因は、行動心理学でいう『一貫性のわな』です。

本日発行のメルマガで、『一貫性のわな』にはまり込んだとき、どのように対処すればよいか。そのコツについて説明しています。

これから大事な交渉が控えている方、そしてもっと上手に話し合いを進めたい方、ぜひご参考になさってくださいね。

by
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です