Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【究極の交渉術】:信用できない相手との交渉のコツ

交渉や商談において、「どうも相手の言っていることが信用できない」、「相手の約束を信頼できない」といった状況に直面されたご経験はないでしょうか。私は、扱っている内容ゆえというのもあるのでしょうが、かなりの頻度で遭遇します。

しかし、交渉をここで止めて立ち去ることもできず、かといって相手の言い分をそのまま鵜呑みにすることもできない。そのようなジレンマに陥った際、そうすればいいでしょうか?

私からのアドバイスは、ロシアのことわざにもあるのですが、

『信頼せよ。ただし、検証せよ。」

です。

「そうはいってもねえ・・・」と悩まれるとき、どう対応すればいいのか、3月29日発行のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』で非常に詳しくお話しています。

ぜひお読みいただき、ご意見やご質問をいただければ幸いです。

この記事を書いた人
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です