Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【国際情勢の裏側】新たな大嵐の予感?!-中東を襲う不安定化の波

世の中は、荒れ狂い、見通しが立たない朝鮮半島情勢の漂流、そして米中貿易交渉に目を奪われていますが、実はその裏で、刻一刻と爆発の瞬間が近づいているかもしれない事態が、中東で連続しています。

一つは中東地域の盟主で、欧州、中東、北アフリカ地域、そしてアジア地域の真ん中に位置し、国際政治のキャスティング・voteを握る存在になり得るトルコの不安定化です。

【エルドアン大統領が命令したイスタンブール市長選のやり直し】

【NATOの戦略的拠点で、パートナーでありながら、ロシアから導入するS400ミサイルが引き起こす東西の衝突】

などが挙げられます。

二つ目は、イランをめぐる動静です。

5月に入り、アメリカが同盟国に課していた対イラン原油輸入禁止措置からの例外規定の延長が無くなり、日本や欧州各国という同盟国も、イラン制裁包囲網にフルに加わるか否かの大きな岐路に立っていますが、これにより、イラン経済の先行き不透明感が高まり、イラン国内の政治的なパワーバランスにも変化が見られています。

核合意をけん引してきたロウハニ大統領をはじめとする穏健派の勢いが衰え、最高指導者ハーメネイ師に代表される対米強硬派が勢いを取り戻すことで、イラン政治は、核開発の一部再開や短距離弾道ミサイルの再配備など、国際社会への対決姿勢を打ち出しています。

ロウハニ大統領は、まだ核合意に留まる意思は見せていますが、今後、経済状況の悪化の度合いによっては、一気に強硬派に押し切られて、point of no returnを越えてしまうことになりかねません。

この2つの国で起きている大きな流れの変化は、互いに密接に関係しあい、場合によっては、地域のみならず、世界全体を巻き込んだ大きな紛争へと発展していく危険性をはらんでいます。

どのような状況なのか?

そして私たちはどのように対応していくべきか?

5月10日に発行される私のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の無敵の交渉・コミュニケーション術』の2つ目のコーナー、【国際情勢の裏側】で語っております。ぜひご覧いただければ幸いです。

by
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です