Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【国際情勢の裏側】さらば?!文大統領!

韓国をめぐる国内外の情勢が非常に危険な水域に達しているようです。

外交面では、実力に見合わない【仲介役】を買って出て、そのまま突き進み、結果として国際社会から総スカンを食らう状況になってしまいました。

経済も危険水域に達しています。韓国が誇るサムソンの収益の著しい悪化に見られるように、国際市場における韓国企業の締め出しともとれる状況が顕在化してきています。同時に、各国企業の韓国からの撤退や投資引き上げも顕著になってきました。それにつられて、韓国ウォンの対米ドルレートや対ユーロ、そして対円レートも、歴史的なウォン安となっており、すでに危険なラインを超えたとさえ言われている状況のようです。

そして、韓国内で暴かれる嘘の数々とメディアや国民からの反旗・・・

まさに、文大統領が直面している”いま”は、四面楚歌の状況でしょう。

今、韓国はどのような状況なのか。そして今後どのような道を歩むのか。

さまざまな情報を分析して、危険な状況を描いてみました。

詳しくは、6月7日発行の私のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の無敵の交渉・コミュニケーション術』の2つ目のコーナー、【国際情勢の裏側】をお読みいただければ幸いです。

この記事を書いた人
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です