Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【無敵の交渉術】職場での争いを収めるための4つの交渉術

職場でのパフォーマンスの良しあしを決める8割から9割は、職場での人間関係の良しあしだと言われます。しかし、それぞれ全く違ったバックグラウンドを背負って生きてきた人間同士。どうしても互いにイラっとしたり、信じられなくなったりすることはあります。

『その時どのように対処できるか』によって、その人のマネージメント能力を判断されることが多々あります。

最近はやりのアンガーマネージメントもそのためのskill・心構えと言えるでしょう。

今回は、職場で争いが起こってしまったとき、『どのように上手に収め、争いを協力関係に替え、上手にシナジー効果を発生させることが出来るか』について、4つの交渉術を例を挙げつつお話したいと思います。

詳しくは、本日発行のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の無敵の交渉・コミュニケーション術』の一つ目のコーナーでお話しておりますので、ぜひメルマガをお読みいただければ嬉しいです。

この記事を書いた人
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です