Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【国際情勢の裏側】一触即発の朝鮮半島情勢と安全保障

毎週金曜日に発行していますメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の無敵の交渉・コミュニケーション術』の【国際情勢の裏側】で解説した内容が、MAG2NEWSのピックアップ記事として配信されました。大変光栄です。

今回は急に活発化してきた北朝鮮からの威嚇行為。
一言でいえば”最後の賭け”をどう見るべきなのかについて書いております。

開城の南北融和の象徴であった連絡事務所を爆破した北朝鮮。
それにショックを受けると同時に、対決姿勢を強めざるを得ない韓国。
朝鮮半島情勢はこれまでにないほど緊迫してきています。
この先どうなるのでしょうか。
そして”隣国”である日本への影響は?

詳しくは、ぜひ記事をお読みください。

そして、先週号では『交渉における”確率”の扱い方』についても詳しくお話ししています。
メルマガもぜひこの機会にご登録いただければ嬉しいです。

それと、メルマガ登録者のみが参加できる【まぐまぐLive】も7月8日夜に開催予定です。
お楽しみに♪

この記事を書いた人
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。 同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。 国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。 現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。 活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。 2020年4月には、世界的な交渉トレーニングの権威であるThe Schranner Negotiation InstituteのNegotiation Expertに任命された。(https://www.schranner.com/institute/faculty/faculty) 主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA