Kunihiko Shimada Official Blog 国際交渉人 島田 久仁彦公式ブログ

【波乱と混乱の2020年の振り返り】

2020年はまさにコロナウイルスのパンデミックによって世界が混乱した一年でした。
まだ第3波が世界を襲い、ついには変種のウイルスまで登場して、世界をさらなる混乱に陥れています。
日本でも日に日に感染者数そして重症患者数が増えており、まだ検査を受けていない陽性者が多くいる可能性から、
私たちが日々目にする数値はまだ上がるものと思われます。
先の見えない戦いが続きます。

コロナウイルスのパンデミックは、世界経済の成長を止め、ヒトとモノの移動を止めました。
経済効率性を追求していた依存型の経済モデルも継続が難しくなります。
またその裏で、少なくなるか無くなるであろうと思われた戦争・紛争は、逆に増え、結果、コロナ禍のみならず、戦禍によって多くの人たちが困る事態になっています。そして、ILO(世界労働機関)が4月末に予測した【コロナ禍によって16億人が職や生計の手段を失う恐れ】という内容が、年末を迎えるにあたり、見えているもの・見えていないもの双方合わせて、現実になってきているような気もします。

混乱の裏で、多くの前向きな動きも現れました。
例えば、日本では遅れているといわれてきたIT化やリモートワークも、2020年にはニューノーマルとなる礎が出来てきました。
AIを様々なセクターに本格導入するタイミングも早まりました。
また、科学的知見と知識という面では、国際政治がブロック化を進める中、国際協調の強さを見せつけました。
例えば、武漢でコロナウイルス感染が明らかになった3週間後には、中国の科学者たちがウイルスのゲノムを解明し、それが今、これまでには考えられなかったスピードでのコロナ・ワクチン開発に繋がっているといっても過言ではありません。

またその裏でサイバー危機も広がりました。
私たちが自宅で外出自粛する中、人と繋がりたい!という気持ちを逆手に取った詐欺事件も多く発生しています。

そんな2020年は、思いきりコロナに翻弄された一年でしたが、どのような一年だったのか。
私なりにまとめてみました。

先週金曜日発行の最新メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の無敵の交渉・コミュニケーション術】のコーナー【国際情勢の裏側】の内容がMAG2NEWSのピックアップ記事として配信されておりますのでお読みいただければと思います。

そしてもちろん、無敵の交渉・コミュニケーション術についても、メルマガでは142回にわたってお話ししております。

ぜひご登録いただき、お読みいただけれと思います。

今年も一年間ありがとうございました。
どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。

この記事を書いた人
島田 久仁彦 (しまだ くにひこ) 1975年生まれ。大阪府出身。国際ネゴシエーター・紛争調停官・地政学リスクアドバイザー。Executive Negotiation Coach。 株式会社KS International Strategies CEO。 同志社大学、アマースト大学を経て、2002年ジョンズ・ホプキンズ大学大学院国際学修士。 国際情勢、環境・エネルギー問題の専門家。1998年より国連紛争調停官としてコソボ、東ティモール、イラクなどの紛争調停に従事。2005年から環境省国際調整官(2010年11月から2016年3月までは環境省参与)として、気候変動交渉で日本政府代表団リード交渉官と交渉議題の議長を歴任。2012年世界経済フォーラムYoung Global Leaders 2012に選出される。 現在、CNN、BBC、France2など海外メディアに出演し、国際情勢、安全保障問題、環境・エネルギー問題などのコメンテーターを務めている。 活動は安全保障・外交問題、エネルギー、環境問題にとどまらず多岐にわたる。 2020年4月には、世界的な交渉トレーニングの権威であるThe Schranner Negotiation InstituteのNegotiation Expertに任命された。(https://www.schranner.com/institute/faculty/faculty) 主な著書に『交渉プロフェッショナル』(NHK出版)、『最強交渉人のNOをかならずYESに変える技術』(かんき出版)などがある。また、交渉・コミュニケーション術についての秘訣に加え、最新の国際情勢をぎりぎりまで解説するメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の究極の交渉・コミュニケーション術』(http://www.mag2.com/m/0001682898.html)も発行中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA